銀河帝国を継ぐ者

[題名]:銀河帝国を継ぐ者
[作者]:ガース・ニクス


 遥かな未来の銀河を舞台にしたスペースオペラです。
 本書は英語版の発表が二〇一二年と新しい作品ですけれど、SF黄金時代の古き良きスペースオペラ、特にハインライン氏のジュブナイルSFを彷彿とさせる部分が魅力ですね。銀河帝国、強化改造された人間、宇宙軍士官学校といったお馴染みの設定を踏襲しつつも、様々なガジェットにより古さを感じさせません。
 強大な銀河帝国を支える傲岸不遜なプリンス達。その一人となるはずだったケムリ少年は、様々な出来事を通じて新しい視点を得ていくことになります。

 時代は遥か未来、銀河の大部分を支配する銀河帝国が形成されていました。何兆もの臣民はほとんどが地球人の子孫からなり、一部に敵対勢力は存在するものの帝国の支配力は盤石であるとされています。
 銀河帝国を支配するのは、プリンスと呼ばれる一千万人の超人と、その頂点に君臨する皇帝です。プリンス達はテクノロジーで肉体・精神を強化改造され、一般市民とは隔絶した地位を得ています。各種専門職であるプリースト達を配下に置き、自分以外の誰も信用しない傲慢な支配者達です。
 主人公ケムリもまた、そうしたプリンスになるべく市民の中から選ばれた子供でした。名もなき市民の赤ん坊が素養を見出され、人里離れた〈寺院〉でプリンス候補として育成されます。身体強化とサイコ技術の学習を行い、愛情を持たない超人・プリンスとして肉体と精神が形作られていきました。
 そして選抜から十六年目(ケムリ十七歳)の日、ケムリは正式なプリンスに昇格します。しかし、それは同時に他のプリンス達の暗殺から庇護するものがなくなったことを意味しました。ケムリはあてがわれた〈暗殺のマスター〉ハダドの助言に従い、航宙軍士官学校に入学して〈帝国頭脳中枢〉に接続することにします。
 実は自分は特別な存在などではないのかも、と気づき始めたケムリですが(^^;)、危機を乗り越え辿り着いた士官学校の〈聖所〉では、帝国中央宮にいるはずの大プリースト・モロジャルが彼を迎えました。ケムリには皇帝陛下直々の極秘命令が下されており、拒否する自由はありません。特別ではあったものの、それはケムリの期待したものではなかったのです。
 かくして、プリンスの派閥〈ハウス〉のどれにも所属しないことを強要され、ケムリ士官候補生は学校内でつまはじきにされることになります。しかし、度重なる懲罰でバイオ=メカ兵と接する機会が数多くあったケムリは、彼らとの会話方法を会得します。そして、異星生命体サッド=アイの士官学校襲撃事件が起きたとき、そのことでケムリは大きな武功を挙げることになりました。
 けれども、一年間の士官学校を勤め上げたケムリに、さらなる試練が与えられます。それは、強化手術を受けていない肉体に意識を移植させられた後、帝国外に放り出され、一年以内に帝国へ帰還せねばならないというものでした――自分がプリンスであることを秘し、一般人として振る舞いながら。
 ケムリ君の明日はどっちなのでしょう(^^;)

 本書の注目ガジェットは、プリンスです。(原文でも性別問わず"prince")
 作中の時代では三つのテクノロジー、メカ技術("Mektek")・バイオ技術("Bitek")・サイコ技術("Psitek")が発達しており、これらの技術を活用して人間の体を強化した人々がプリンスです(サイコ技術だけは、生来の素養も若干ある模様)。極めて強靭な肉体を持ち、普通の人間には過酷な環境でも生き延びることができます。
 近隣に設備がある場合、プリンスはテレパシー類似の能力で〈帝国頭脳中枢〉(インペリアル・マインド)と接続されており、必要な情報を随時引き出せます。また、この回線は記憶のバックアップにも使われているようで、プリンスが死亡した場合にもほぼ同等の肉体で復活可能です。つまり、事実上の不老不死ですね。もっとも、〈帝国頭脳中枢〉のお眼鏡にかなわない場合には、復活が許可されず死が確定することもあり得ます。
 プリンスはいずれも赤ん坊の頃から親より引き離され、〈寺院〉で奉仕者(プリースト)達に育てられます。親と再会することはおろか、名前を知ることすら許されません。かつ、子供を設けることも許可されないため、生涯にわたって根本的に親子の愛情や恋愛というものを知る機会がない訳です。
 プリンスは臣民の上に不死身の超人として君臨し、民を気に掛けることはほとんどないようです。プリンス同士も仲間意識は特になく、機会があれば相手を殺すことを厭わない者も少なくありません。
 物語中に銀河帝国の一般臣民が登場しないため、プリンスが一般人からどう見られているのかは不明ですが、帝国外の人間からは敵対的異星生命体と同様の怪物と見なされているようです。少なくとも、気のいい人々とは言い難いですね(^^;)

 実は、この作品と背景設定を共有したゲームがリリースされる予定だったようです。
 ガース・ニクス氏は主にファンタジーを書かれる作家さんですが、ゲーム会社Creative Enclaveの共同設立者として、執筆中の本作をゲーム"Imperial Galaxy"の背景に転用したそうです。ゲームのベータ版は本書より先に発表されていますが、あくまでこちらが元祖ということですね。
 残念ながら、資金不足でお蔵入りしてしまった"Imperial Galaxy"ですが、タイプはソーシャルMMO(大規模多人数型オンライン)ゲームで、フェイスブック上のアプリとして実装される予定だった模様。実際のゲーム内容は分からないのですが、『銀河帝国を継ぐ者』の内容から類推すると、おそらくは各プレイヤーがプリンスとなり、複数プレイヤー同士で駆け引きを行うものだったのではないかと思われます。
 振り返ってみると、三つのテクノロジー(メカ技術・バイオ技術・サイコ技術)や、プリンスが死んでも生き返ることができる設定など、ゲーム的な要素が作中に散見されます。この辺りはゲーム側の設定のフィードバックを受けているのかもしれませんね。
 なお、作中ではプリンスが死亡後復活した際、手術などで後天的に獲得したはずの能力も何故か新たな肉体に備わっているとされており、ケムリ君が疑問を覚える場面があります。ここはゲームの設定に対するセルフ突っ込みなのかも(^^;)

 冒頭で触れた通り、本書は古典的な良さと新規性が上手く融合したお話です。献辞にロバート・A・ハインライン氏とアンドレ・ノートン氏の名前があり、お二人の作風を意識していることが伺えます。
 ストーリーラインはケムリの成長物語になっており、非人間的なプリンスだった少年が人間へと変わっていく様が描かれます。ジュブナイルの形を取ってはいるものの、大人も十分に楽しめる重厚な内容です。
 残念なことに単一作で、続編を書かれる予定はないとのこと。やはり、ゲームがポシャってしまったことが原因なのでしょうか(^^;) もし"Imperial Galaxy"が成功していたとしたら、舞台背景がシェアード・ワールド化されて複数の派生作品が世に出ていた可能性もあったのかもしれません。

この記事へのコメント