シミュラクラ

[題名]:シミュラクラ [作者]:フィリップ・K・ディック  鬼才P・K・ディック氏の作品では、しばしば「本物と偽物」という構図が登場します。一見すると本物と見分けのつかない存在が現実を侵食していくというもので、例えば名作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』では人間そっくりのアンドロイドがこの役割を果たします。  本書の題名『シミュラクラ』は、「肖像・似姿・模造品」などという意味…

続きを読む