無常の月

[題名]:無常の月 [作者]:ラリイ・ニーヴン  ラリイ・ニーヴン氏の秀作短編十四編を収めた短編集です。  ニーヴン氏といえば、時代を経るに従い広がっていく人類の「既知宇宙」での出来事を描いた傑作シリーズ、〈ノウンスペース・シリーズ〉が代表作ですね。本短編集でも、『待ちぼうけ』/『ジグソー・マン』/『地獄で立往生』の三作品が〈ノウンスペース・シリーズ〉に属するものです。  また、…

続きを読む

アシモフのミステリ世界

[題名]:アシモフのミステリ世界 [作者]:アイザック・アシモフ  SF三巨匠の一角であり、非常な多作で知られるアイザック・アシモフ氏の作品のうち、特にSFミステリ関連を集めた短編集です。  アシモフ氏の作品は、元々理詰めの展開であることが多い印象ですね。氏の代名詞とも言える〈ロボットもの〉ではロボット三原則を使ったロジック・パズルがしばしば登場しますし、本書収録のデビュー作『真空…

続きを読む

デクストロII接触

[題名]:デクストロII接触 [作者]:イアン・ワトスン&マイクル・ビショップ  ワトスン氏とビショップ氏のコンビによる、異星人とのファーストコンタクトを描いたお話です。  お二方のうち、ワトスン氏は一九六〇年代に来日され大学で教鞭を執っていたとのことですが、日本滞在時のカルチャーショックがきっかけとなりSFを執筆されるようになったそうです。一方、ビショップ氏は子供の頃、軍人の父と…

続きを読む

多元宇宙SOS

[題名]:多元宇宙SOS [作者]:キース・ローマー  『多元宇宙の帝国』の続編、平行宇宙を移動する装置を開発したゼロ・ゼロ世界の〈帝国〉を扱ったお話です。  とは言うものの、本書では〈帝国〉そのものは冒頭早々に退場し、ベイヤードは多元宇宙をあちこち放浪する羽目になります。前作以上に訳の分からない事態に巻き込まれることになったベイヤード君はかなりの巻き込まれ体質ですね。:-)  …

続きを読む

多元宇宙の帝国

[題名]:多元宇宙の帝国 [作者]:キース・ローマー  ユーモアSFの名手なキース・ローマー氏の処女長編、並行世界SFです。  同じくローマー氏の書かれた、並行世界を舞台とするコミカルSF〈混線次元シリーズ〉とは別の設定で、続刊があることからアメリカでは"Imperium"と分類されている模様です(日本語翻訳版にはシリーズ名称なし)。  本シリーズは並行世界への移動装置を開発した…

続きを読む

地球は空地でいっぱい

[題名]:地球は空地でいっぱい [作者]:アイザック・アシモフ  人間ライティング・マシーンことアイザック・アシモフ氏の短編集です。  本書には中編クラスから一発ネタ(^^;)のショートショートまで、十七編のお話が収録されています。中には氏ご自身を題材にした詩が含まれているのが興味深いですね。それを受けてか、締めの作品『夢を売ります』が、創作者という生き方を題材にしているという構成…

続きを読む

暗黒界の妖精

[題名]:暗黒界の妖精 [作者]:C・L・ムーア  〈ノースウェスト・スミス・シリーズ〉第三巻にして最終巻です。  本書収録作は五編になりますが、このうち『スターストーンを求めて』はヘンリー・カットナー氏との、『暗黒界の妖精』はF・J・アッカーマン氏との共著になるようです。カットナー氏はクトゥルー神話体系などで知られるSF作家さんで、ムーア氏の旦那さんに当たります。また、アッカーマ…

続きを読む

異次元の女王

[題名]:異次元の女王 [作者]:C・L・ムーア  〈ノースウェスト・スミス・シリーズ〉第二巻です。  宇宙船「メイドン」号を駆る無宿者、という触れ込みのノースウェスト・スミス君ですが、実際のところ宇宙船に乗っている場面はほとんどありません。本シリーズのエピソードはほぼ、地球・火星・金星といった惑星上の町で、一仕事を終えたスミスが出くわす奇怪な出来事、という位置付けになるようです。…

続きを読む

大宇宙の魔女

[題名]:大宇宙の魔女 [作者]:C・L・ムーア  荒くれ者の無頼漢ノースウェスト・スミスの遭遇する出来事を扱ったスペースオペラ連作短編集、C・L・ムーア氏の代表作〈ノースウェスト・スミス・シリーズ〉です。  ノースウェスト・スミスは顔に傷痕を持つ長身の地球人で、熱線銃を頼りに非合法活動に手を染めることも厭わない無宿者――というハードボイルドなピカレスク・ヒーローではあるのですが、…

続きを読む

星界への跳躍

[題名]:星界への跳躍 [作者]:ケヴィン・J・アンダースン&ダグ・ビースン  核戦争が起きた後、ラグランジュ点及び月面のコロニーが直面する危機を描いた、宇宙ハードSFです。  バックボーンとして、作品内世界では米ソ対立が続いたまま宇宙進出が始まっています。また、ソビエト牽制のためフィリピンがアメリカに大きな米軍基地の場を提供した見返りとして、フィリピンはアメリカが建造したスペース…

続きを読む

スタープレックス

[題名]:スタープレックス [作者]:ロバート・J・ソウヤー  地球人類、イルカ、そして異星人ウォルダフード族とイブ族からなる乗員一千名を擁する巨大な探査宇宙船スタープレックス号。その冒険を指揮官キース・ランシングの視点から描いた宇宙ハードSFです。  本書はなかなか濃厚なSFガジェットが多数詰め込まれたガジェット・ストーリーの側面を持っており、次から次へ明かされる謎が読者を飽きさ…

続きを読む

アイ・オブ・キャット

[題名]:アイ・オブ・キャット [作者]:ロジャー・ゼラズニイ  ナヴァホ・インディアン神話とSFを融合させた、サスペンス・タッチのSFです。 (作中ではネイティブ・アメリカンという呼称はほとんど使われませんので、本レビューでもアメリカ・インディアンと記させていただきます)  ゼラズニイ氏はデビュー以来いくつか神話SFを手がけられていますが、本書の主人公は神話的存在ではなく、あく…

続きを読む

火星人の方法

[題名]:火星人の方法 [作者]:アイザック・アシモフ  本書はアイザック・アシモフ氏の中編四つを収録した中編集です。  いずれもアシモフ氏らしいアイディアが光る作品ですが、中でも宇宙進出における水資源の問題を扱った表題作『火星人の方法』と、氏の博学が展開に反映されている『まぬけの餌』は秀逸な作品と言えるでしょう。 ◎火星人の方法  人類が火星へ植民を果たした未来――。…

続きを読む

よろこびの機械

[題名]:よろこびの機械 [作者]:レイ・ブラッドベリ  イメージの魔術師ブラッドベリ氏の作品を集めた短編集です。実はSFに当てはまるお話は少なめなのですけど、構わずレビューさせていただきます(^^;)  収録作品は二十一編と、ショートショート的な長さのものが多く含まれます。お話はバリエーションに富み、読者を飽きさせないのですが、実はある一点において共通の印象がそこから浮かび上がっ…

続きを読む

悪魔のハンマー

[題名]:悪魔のハンマー [作者]:ラリイ・ニーヴン&ジェリー・パーネル  SF界の黄金コンビ、ラリイ・ニーヴン氏とジェリー・パーネル氏による傑作ディザスターノベルです。  本作で人類を危機に陥れるのは、“悪魔のハンマー”と呼ばれることになる彗星です。発見された新彗星が地球に接近し、次第に衝突確率が上がっていくことによる社会不安、衝突、そしてその先までを描き上げた、両氏渾身の力作で…

続きを読む

混沌の宮廷

[題名]:混沌の宮廷 [作者]:ロジャー・ゼラズニイ ※このレビューには前巻までのネタバレがあります。ご注意ください。  〈真世界シリーズ〉第五巻にして最終巻です。  遂に息子達の前に姿を現した、アンバーの王オベロン。しかしながら、“パターン”の損傷によりアンバーの危機は間近に迫っています。  自らの命を代償に“パターン”を修復しようとするオベロンと、父に複雑な感情を抱くコ…

続きを読む

オベロンの手

[題名]:オベロンの手 [作者]:ロジャー・ゼラズニイ ※このレビューには前巻までのネタバレがあります。ご注意ください。  〈真世界シリーズ〉第四巻です。  遂にその存在が明らかになった、真のアンバー。本巻ではいよいよ、〈真世界シリーズ〉に秘められた謎が解き明かされることになります。  真のアンバーと“大パターン”、始祖オベロンと魔術師ドワーキン、そして“混沌の宮廷”。様々…

続きを読む

ユニコーンの徴

[題名]:ユニコーンの徴 [作者]:ロジャー・ゼラズニイ ※このレビューには前巻までのネタバレがあります。ご注意ください。  〈真世界シリーズ〉第三巻です。  エリックの死により、暫定的にアンバーの支配的地位を得ることとなったコーウィンですが、まだまだ彼の苦難は続きます。  兄弟のケインが何者かに殺害されたことで、またも王子達の不和が表面化することとなったアンバー。事態を進…

続きを読む

アヴァロンの銃

[題名]:アヴァロンの銃 [作者]:ロジャー・ゼラズニイ ※このレビューには前巻までのネタバレがあります。ご注意ください。  並行世界を扱ったサイエンス・ファンタジー、〈真世界シリーズ〉第二巻です。  前巻『アンバーの九王子』にて、兄エリックに破れながらも幽閉からの逃走を果たしたコーウィンですが、本巻では反撃のターンになります。  しかしながら、前巻でコーウィンが成したもう…

続きを読む

アンバーの九王子

[題名]:アンバーの九王子 [作者]:ロジャー・ゼラズニイ  無数に存在する並行世界の中心、真世界アンバー。そのアンバーの王位継承者たる王子達の諍いを描く、ゼラズニイ氏の代表作〈真世界シリーズ〉の第一巻です。(『八』ではないのでご注意ください(^^;))  ゼラズニイ氏は神話をモチーフとした物語をいくつか手がけられていますが、本シリーズもその一つです。ベースとなっているのはケルト神…

続きを読む