2061年宇宙の旅

[題名]:2061年宇宙の旅
[作者]:アーサー・C・クラーク


※このレビューには前巻までのネタバレがあります。ご注意ください。

 本書は『2001年宇宙の旅』より続く〈オデッセイ・シリーズ〉に属するお話です(原題は"2061: Odyssey Three")。シリーズ中では三作目に相当します。
 前々作及び前作は、題名にある通りそれぞれ二〇〇一年・二〇一〇年の出来事であり、年の数字が一の位と十の位を入れ替えた奇麗な対比をなしています。また、最終巻である『3001年終局への旅』は最初のエピソードからちょうど千年後と、こちらもスマートですね。その一方、本書は二〇六一年と、やや座りの悪い数字に見えるかもしれません(^^;)
 しかし、この年選択には極めて単純かつ重要な理由があります。これは、公転周期約七十六年のハレー彗星が太陽系の内側へ回帰する年なのです。本書の発表年は一九八七年ですから、その前年である一九八六年のハレー彗星回帰をいち早く取り込んだ形になるのでしょうか。この辺りのフットワークの軽さは、さすがクラーク氏ですね。
 ハレー彗星の回帰という太陽系の一大イベントに際し、ヘイウッド・フロイド博士は旅客宇宙船ユニバース号にて彗星の遊覧旅行を堪能していました。しかしそのとき、木星の衛星エウロパでは恥ずべき蛮行が行われ、姉妹船ギャラクシー号に乗る人々が危機に陥ってしまうのです。

 二〇六一年、齢百三歳に達したヘイウッド・フロイド博士は、しかし肉体的には六十五歳前後の健康を維持していました。二〇一五年に足を骨折して以来、フロイドはずっと地球へ戻らず宇宙で過ごしてきたのですが、それが老化防止に大きく寄与していたのです。
 多くの友人を時の流れの中で失いながらも、フロイドは未だ精神的にも若々しく好奇心に満ちていました。そして、宇宙旅行業を営むツァン船団が企画した、七十五年ぶりに回帰するハレー彗星の接近観測旅行へ誘われ、これに応じることにします。
 ユニバース号は定期旅客船として建造された最新鋭の宇宙船で、ミューオン核融合炉を持ち、航行中ずっと加速を続けることができます(推進剤が十分にあれば)。このため、地球軌道近辺とは言え遠く離れたハレー彗星までわずか十日で到達可能でした。フロイドを含む六人の有名人・五人の宇宙科学者・そして乗組員からなるユニバース号一行は、首尾よくハレー彗星とランデブーし、その光景を大いに堪能することになります。
 一方そのころ、木星系では一つの事態が進行していました。
 五十年前に木星がミニ太陽ルシファーへと変化して以来、人類はその衛星ガニメデに植民していました。そこでエウロパを研究する地質学者ロルフ・ファン・デル・ベルクは、エウロパ上に発見された水晶様の奇麗で大きな山・ゼウス山について、ある仮説を立てます。
 その説がもたらす社会的反響の大きさに公表を自粛していたファン・デル・ベルクですが、あるルートからその仮説が漏洩してしまいます。その結果、木星の衛星群を探査する予定だった宇宙船ギャラクシー号がハイジャックされるという事件が起きてしまうのです。
 ハイジャック犯の目的は――ギャラクシー号をエウロパへ着地させること。それは、かつてボーマンがディスカバリー号を通じて送ってきたメッセージ、「エウロパに決して着陸してはならない」という通告を無視するものでした。

 本書の注目ガジェットは、木星の衛星エウロパです。
 前作『2010年宇宙の旅』では、エウロパの氷の下に液体の水が存在し、そこに生命が生まれていることがチャン教授から報告されます。『2061年宇宙の旅』では、このエウロパにギャラクシー号が不時着し、乗員はそこにいる生命を目撃することになります。
 〈オデッセイ・シリーズ〉におけるこの設定ですが、必ずしも全くの絵空事とは言い切れないようです。惑星探査機ボイジャー一号・二号、同ガリレオ等の観測結果に基づき、氷で覆われた衛星エウロパの地下には液体の水が存在することがほぼ確実と考えられています。
 もちろん、水があるからと言ってそこに必ず生命が誕生するとは限りません。また逆に、水のない場所で生命が生まれる可能性もあります(天文学者カール・セーガン氏の提唱した木星生命とか)。しかしながら、私達が最も良く知る(と言うか唯一の)地球生命は水という特異な溶媒を不可欠としているわけで、生命の有無に水の存在を重視するのは順当なところです。
 また、エウロパにはもう一つ重要なポイントがあります。それは海底火山の可能性です。地球では、海底火山周辺の熱水噴出孔から吹き出す硫化水素をエネルギー源とする化学合成細菌、更にそれを利用する生態系の存在が確認されており、生命の起源もこうした熱水噴出孔にあるのではないかとの説が出されています。前巻で登場したように、エウロパより一つ内側の衛星イオには活火山があるわけですから、エウロパの海底に同様のものがあっても不思議ではないですね。
 実際、一九八九年に打ち上げられた木星探査機ガリレオは、そのミッションを終えた二〇〇三年に木星へと突入させられて寿命を終えました。これは、仮にガリレオがエウロパへ落下することがあったら、機体に付着した地球由来の細菌でエウロパを汚染してしまう恐れがあるから、という理由です。セーガン氏のおっしゃる木星生命が実在したら迷惑かもしれませんが、木星環境で地球の細菌は生きられませんから勘弁してもらいましょう(^^;)

 本書前半に登場するハレー彗星も、作中で重要な役割を担っています。
 ハレー彗星は、十七世紀の天文学者エドモンド・ハレー氏が初めて周期彗星であることを発見したものです。その軌道は惑星の影響を大きく受けるために一定しませんが、概ね七十六年周期で姿を現します。歴史に残された大彗星の記録のうちいくつかは、このハレー彗星のことだろうと推測されています。
 物語の前半では、宇宙船ユニバース号が訪れるという形でハレー彗星の姿が描かれます。科学知識に基づいた彗星の描写は幻想的かつ興味深いですね。また、単に独立したエピソードなのではなく、後半のギャラクシー号不時着事件とも関連している点には感心させられます。
 〈オデッセイ・シリーズ〉はこうした科学考証を重視したハードSF的な側面と、モノリスに代表される超科学的側面の二面性を持っているのが面白いところです。人類を進化させた超存在を核に据えながらも、極端な荒唐無稽へと走らずあくまで丁寧にディテールを作り込む辺りがクラーク氏らしいと言えるかもしれません。
 そして次巻『3001年終局への旅』にて、その両者は交わることになります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50972630

この記事へのトラックバック