タイム・パトロール/時間線の迷路

[題名]:タイム・パトロール/時間線の迷路
[作者]:ポール・アンダースン


 二十世紀SFの中堅作家ポール・アンダースン氏の連作、〈タイム・パトロール・シリーズ〉のエピソードです。
 アンダースン氏はかなり息の長い作家さんですが、中でも時間改変を阻止する警察組織タイム・パトロールを描いた〈タイム・パトロール・シリーズ〉は、デビュー初期から晩年に至るまで書き続けられており、氏のライフワーク的な作品群と言えるかもしれません。日本語に未翻訳の作品も多いのが残念ですけど(^^;)
 日本語版における前作『タイム・パトロール』は元々中編として執筆されたものを纏めた中編集ですが、本作『時間線の迷路』も三部構成の連作を繋ぎのエピソードで纏めた形態を取ります。(こちらは最初から長編として執筆?)
 本作では、シリーズを通しての主人公である工作員エヴァラードの他、ヒロインとなる新人隊員ワンダも二つ目のエピソードで主役を担います。ワンダはかつて、時間犯罪者の被害にあったところをエヴァラードに助けられ、後にタイム・パトロールに入隊した旨が説明されていますが、これは未翻訳の長編"The Year of the Ransom"での出来事のようです。

 タイム・パトロール無任所職員("Unattached agent")として、数多くの時代で時間改変を阻止してきた一流工作員のマンス・エヴァラード。彼は、自分と新人隊員ワンダ・タンバーリィの関わった出来事について、上級階級職員ギオンの聞き込みを受けることになりました。
 自分やワンダが隊規すれすれの行動を取っている自覚があるエヴァラードは(^^;)、内心ギクリとしつつも、最近起きた二つの出来事を振り返りました。
 一つ目は、BC二〇九年のバクトリア(現在のイランの北辺り)で、己の欲するままに歴史を改竄しようとする称揚主義者("exaltationist")の野望を阻止すべく行動したこと。商人の護衛ミアンダーに扮したエヴァラードは、バクトリア王エウテュデモス一世の殺害を食い止めるべく暗躍します。
 二つ目は、BC一三二一二年のベーリンジア(最終氷期にベーリング海峡が陸地となってシベリアとアラスカが陸続きになった場所)で、動植物の調査を行っていたワンダが引き起こした出来事。ワンダは、ベーリンジアに居住していた未開人トゥーラット(ベーリンジア先住のアングロサクソン、架空の存在)達が、外来者“雲の人々”(アメリカへ移住する途中の古アメリカインディアン)に搾取される場面に耐え兼ね、ご法度であるはずの干渉を行ってしまいます。
 そしてその面談後、もう一つの大事件が一一三七年のイタリアで起きます。シチリア王ルッジェーロ二世が本来死ぬべきではない戦で殺害されたことをきっかけに、それ以降の歴史が大改編され、遂にはタイム・パトロール自体が存在しなくなる異常事態が発生します。その際、更新世のピレネー山脈にあるタイム・パトロール隊員用ロッジで休暇を過ごしていたエヴァラードは、正しい歴史に戻すべく、焦点となる歴史の異常を突き止めようと調査を開始するのですが……。

 本作の注目ガジェットは、偶発的要素による歴史改変です。
 タイム・パトロールの本分は、元の歴史をできるだけ維持することにあるわけですが、この障害となるものは時間犯罪者に限らないようです。例えば、他ならぬタイム・パトロール自身が歴史に干渉してしまうエピソードも少なくありません(^^;)
 もう一つ別の原因として、本書では偶発的要素による歴史改変が提示されます。三つ目のエピソード『世界の驚き』では、タイム・パトロールという組織自体が未来から消滅してしまう程の激変が起きるものの、これはタイムトラベラーによる意図的な歴史干渉ではなく自然に発生したものだと説明されます。
 この偶発的歴史改変がタイムトラベルと関係があるのかどうかは、作中で明示されていません。ただ、仮にタイムトラベルとは無関係に発生するものだとすると、タイム・パトロールは宇宙開闢以降の歴史全てを、地球が誕生するより前から保護しなければならないことになるため、ちょっと現実的ではなさそうです(笑)
 タイム・パトロール隊員やタイムトラベラーの、各時代における意図しない影響が積もり積もって偶発的歴史改変に発展する、と見るのが妥当でしょうか。

 もう一つ重要なガジェットとして、これまで謎だったタイム・パトロール創設者、百万年後の未来に誕生するデイネリア人が本作でようやくお目見えします。(厳密には、『タイム・パトロール』の第一話にもほぼ声だけで登場)
 デイネリア人は自分達の知る歴史を保持するタイム・パトロールの存在意義を説きますが、ここで面白い推測ができます。それは、人類本来の歴史がデイネリア人に続くものではなかった可能性です。(前作『タイム・パトロール』中のエピソード『邪悪なゲーム』で、エヴァラードによる過去への干渉なしに私達の知る歴史が誕生しなかったことが示唆されています)
 この場合、本来の歴史でも過去へのタイムトラベルが発明されたものと思われますが、これに起因する歴史改変により時間線が変遷を重ね、そうした中で偶然デイネリア人に通じる歴史が誕生したのかもしれません。時間の改変に対抗可能な知力を持つ超人類デイネリア人が存在するようになったことで、タイム・パトロールによる歴史の保持が可能になり、時間線は恒常性を手に入れた、とも解釈できますね。
(本作の一エピソードの見出しが『神々を作った神々以前("Before the Gods That Made the Gods")』とあるのも意味深。この文章はG・K・チェスタトン氏の詩集『白馬のバラッド』からの引用のようです)
 ただ、そうするとデイネリア人がタイム・パトロールを設立したのはあくまで保身のためであり、エヴァラード達に語った理念も単なる自己称賛に聞こえなくもないです(^^;)

 前作『タイム・パトロール』は一九五五年から一九六〇年までに執筆されたお話であるのに対し、本作『時間線の迷路』は一九九〇年に書かれたもので、執筆時期に三十年余りの開きがあります。
 この違いは密度の差に現れています。前作は歴史改変によるタイムパラドックスに軸を置いた傾向のエピソードでしたけど、本作は過去の時代や、改竄された歴史における社会の描写にも力を入れており、極めてクォリティの高い作品に仕上がっています。
 また、エヴァラードとワンダのロマンス要素も外せません。エヴァラードは未来技術により延命措置を受けているため主観年齢は大きな開きがあり、このことがエヴァラードに二の足を踏ませています。逆にワンダは、相手が超一流工作員であることに引け目を感じ、次の一歩を踏み出せません。もどかしくも微笑ましい感じですね。:-)
 読みごたえがあり、かつエンターテイメント性も高い、〈タイム・パトロールもの〉の名作です。

この記事へのコメント

  • Replicant

    こういう形式の「乗り物型タイムマシン」は、ニュートン力学で存在が仮定され、後にマッハやアインシュタインによって否定された「絶対空間」が無ければ成立しません。すなわち、タイムマシンが稼働して別の時空へ飛んでいく様子は、「ぱっと消えた」ように見えるのでしょうが、時間を飛び越えた先で同じ場所に出現できるとは限りません。地球は自転し、公転しているし、太陽系だって銀河の中心を回っている。その銀河だって宇宙では高速移動しているらしい。なので、絶対空間に目的地の座標を設定できない限り、出現場所の指定ができないことになりますね。
    これと別のタイプ「どこでもドア型タイムマシン」であれば、通路の開設方法は分からないが一旦開設できてしまえば、時空上のある点からある点へショートカットできるかもしれない。しかしこれも、3次元ポアンカレ予想の証明(G.ペレリマン、2003年)により不可能であると数学(微分幾何学)的に証明されてしまった。つまり、単連結で閉じた3次元空間は、4次元球体の3次元表面に同相である(=ドーナツ型のように北極側から南極側へ穴を開けて近道を作った形は3次元空間には存在しない)ということです。
    今後、時間跳躍や超光速航行をハードSFで扱うには、少なくとも、この2点を何とかして回避しなくちゃならない。
    E.E.スミスの時代は話が簡単で良かったですねぇ。
    2019年04月14日 13:44
  • Manuke

    > こういう形式の「乗り物型タイムマシン」は、ニュートン力学で存在が仮定され、後にマッハやアインシュタインによって否定された「絶対空間」が無ければ成立しません。

    いや、そんなことはないかと。
    乗り物型タイムマシンが空間移動なしに時間移動したとき、絶対空間上での同一座標に出現すると仮定されておられるようですが、存在しない絶対空間を持ち出す必要性はありません。(もちろん「絶対空間がある」と設定された世界観であれば、それもアリですが(^^;))
    この場合に適切なのは、タイムマシンが時間移動に入る瞬間を切り取った慣性系です。この慣性系は、時間移動の瞬間にはタイムマシンがいた場所と同一ですが、時間的距離(?)を置くと徐々にずれていきます。このずれは計算可能ですし、それこそタイムマシンが存在すれば実測もできます。従って、任意の時間に跳ぶことは十分に可能です。
    実は、位置合わせの一つの方向性として、他ならぬウェルズ御大の元祖タイムマシンが挙げられます。元祖タイムマシンは瞬間的に移動するのではなく、時間移動中は存在が希薄になると設定されていますが、これを「超々短時間のタイムジャンプを無数に繰り返している」と想定すると、各タイムジャンプ毎に重力や空気抵抗を受けて同一場所にとどまることが可能かもしれません。

    > しかしこれも、3次元ポアンカレ予想の証明(G.ペレリマン、2003年)により不可能であると数学(微分幾何学)的に証明されてしまった。

    うーん。こちらは理解できているとは言いがたいですけど、前提が間違っているように感じます。
    どこでもドア型タイムマシンは、つまるところワームホールと同等です。ワームホールが存在する宇宙は単連結ではないので、そもそもポアンカレ予想の対象ではないはず。
    2019年04月16日 21:19
  • Replicant

    なるほど、Manukeさんの考えは理解しました。でも反論があります。
    まず、ワームホール型のジャンブですが、ジャンプした先がこの宇宙とは単連結でない「別の宇宙」であるとしたら、それは時空をジャンプしたことにはならないのでは?この問題は、ジョン・スコルジー作「老人と宇宙(そら)」において「スキップドライブ問題」として扱われています。ただし、ジャンプした先の「別の宇宙」が「この宇宙」にそっくりで、時空間跳躍者には区別できないかもしれません。(この問題も、やはり「老人と宇宙」では論じられています。)

    また、もう一つの「乗り物方式」については、周囲の時空から区切られた小空間慣性系が、時間的にのみ切り離されて、慣性系(=重力作用?)だけは周囲と連続したままの状態を保持できるとは、ちょっと考えづらいのですが。なぜなら、特殊・一般相対性理論によって、時間と空間とは別個に扱うことができない存在、一方を加減すれば他方にも必ず影響が出る、つまり四元数座標のような関係にあると証明されているからです。(その場合でも不変量となるのが「光速」です。)
    さらには、たとえ「ウェルズ型」の短時間繰り返しジャンプであっても、微小ではあるが有限な短時間跳躍で生じる慣性系の「ずれ」は積分されて何万年、何十万年にもなる訳ですから、跳躍状態とは反対フェイズにある現実時空と共存する時間の中で受ける「慣性重力」や「空気抵抗」が、たとえ積分値をとったとしても、空間座標を固定するために十分な量になり得るとは思えません。

    このように、アインシュタインの相対性理論と、ペレリマンによる「3次元ポアンカレ予想の証明」は、SFで扱われる「時空ジャンプ」に対して決定的な制約を与えてしまっています。だからこそ、その制約条件下で矛盾なく恒星間飛行を扱っているA.C.クラークの「救援隊」や「遙かなる地球の歌」が素晴らしい名作であると、私には思えるのです。(ただし両作品とも宇宙船の「エネルギー源」については、かなり大胆な空想に基づいていますが。)

    私が考えるに、もしかすると将来的に時空ジャンプを可能とするかもしれない原理としては、以下の3つが思い当たります。
    1.「老人と宇宙」の主人公J.ペリーが唱える「この宇宙から別の宇宙へジャンプした後、またそこからジャンプしてこの宇宙に戻ってくる」方式。ただしこれは、同作品の脇役であるアランから、「その可能性は限りなくゼロに近い」とされてますが。「2001年」の最後の方に登場する「宇宙のグランド・ステーション」なんかはこの方式かも。
    2.「ホーキング副謝」すなわち量子力学のゆらぎにより、一般相対論の制限を破って(と言うかすり抜けて)ブラックホールから放出されて来る量子の存在、これを利用する。もしかすると、ブラックホールの回転軸から高速で噴射されている「宇宙ジェット」には、他の宇宙からもたらされた物質(あるいは時空間跳躍者?)が混じっているのかもしれない。
    3.「EPRパラドックス」すなわち、量子力学のシュレーディンガー方程式が縮退して猫の生死が決定する(=事象が、確率的存在から現実に唯一決定する)という状態変化は、時空間距離の制約を受けず、全宇宙で同時瞬間的に起きる(らしい?)ことを利用する。つまり物質やエネルギーは無理にしても、情報だけならば、時空をジャンプできるのかもしれない。これなら、E.E.スミス「スター・キング」に登場する「テレパシー型の時空間意志伝達機構」の可能性がある。

    まあしかし、いずれにしても、SWやSTのように日ごと異なる時空間の星系へ主人公が飛んでいって活躍できるようになるのは、むずかしいようですねぇ。残念ながら。
    2019年04月18日 21:39
  • Manuke

    > まず、ワームホール型のジャンブですが、ジャンプした先がこの宇宙とは単連結でない「別の宇宙」であるとしたら、それは時空をジャンプしたことにはならないのでは?

    もちろん、そうです。そもそも、ワームホールは連続した空間です。
    仮に、三次元球面の宇宙二つが一つのワームホールで繋がったのなら、位相幾何学的にはそれは一つの三次元球面とみなされます。
    ワームホールを抜けて別の宇宙へ行くことは、ただの空間移動です。

    > また、もう一つの「乗り物方式」については、周囲の時空から区切られた小空間慣性系が、時間的にのみ切り離されて、慣性系(=重力作用?)だけは周囲と連続したままの状態を保持できるとは、ちょっと考えづらいのですが。

    慣性系は加速していない(重力その他の力も加わっていない)座標系のことです。
    「周囲の時空から区切られた小空間慣性系」などというものはありません。

    大変失礼ながら、Replicantさんは科学知識がいささか不足しているようにお見受けします。
    ポアンカレ予想はReplicantさんのおっしゃるような「どこでもドア型タイムマシン」を否定するものではないはずです。
    「乗り物型タイムマシン」に関しても、「絶対空間」の肯定に根拠が見出せません。

    もちろん、私はSF作品中の疑似科学を否定するつもりは一切ありません。
    それはそれで、作品を味付けする要素だと思っています。
    ただ、これ以上空論を重ねても、結論が出ることはないでしょう。
    2019年04月22日 02:07