航路

[題名]:航路
[作者]:コニー・ウィリス


 希代のストーリーテラーであるコニー・ウィリス氏による、臨死体験を扱った意欲作です。
 作品の特徴として、臨死体験というデリケートな内容を扱いながら、一貫して宗教やオカルトとは距離を置いている点が挙げられます。主人公サイドの人々は、あくまで臨死体験を脳内で起きる何らかの心理学的・神経学的な現象と捉え、それを追求しようとします。もっとも、そうでない人々も多く登場し、その噛み合わなさがコミカルに描かれるのですが(^^;)
 一方、物語の流れとしては、かなりミステリー寄りです。ストーリーは途中で大きな山場を迎えますけど、前半と後半でそれぞれ別(対象は同じです)の推理ものに仕立てられており、読み手をハラハラ(またはヤキモキ(笑))させてくれます。

 マーシー総合病院(ジェネラル)に勤める認知心理学者ジョアンナ・ランダーは、死の間際から蘇った人が体験する不思議なイメージ、NDE("near-death experience":臨死体験)の科学的調査に取り組んでいました。心停止から回復した人々に面接を行うのですが、実際の体験とそれを自己解釈した作話を区別するのは容易ではなく、ジョアンナは日々苦労しています。
 更には、NDEは天国からのメッセージなのだと決めつける自称ノンフィクション作家モーリス・マンドレイクがマーシー・ジェネラルに出入りしており、体験者に先入観を与えて台無しにしてしまうという事態にジョアンナは頭を痛めていました。
 そうした最中、同病院に勤務することになった神経内科医(神経学者?)リチャード・ライトが、ジョアンナに協力を打診してきます。彼は新型装置と薬品を使った、NDEを疑似的に実現する措置を開発しており、被験者からの聞き取りを専門家である彼女に任せたいと考えたのです。ジョアンナは思案した上で、その研究に協力することにします。
 けれども、被験者候補にはオカルトマニアやマンドレイクの影響を受けた者が多数含まれ、ジョアンナとリチャードは候補を更に絞り込まねばなりませんでした。その上、スケジュールの都合がつかなかったり、体験談が要領を得なかったり、プロジェクトをやめていく者がいたりと、慢性的な被験者不足に陥ってしまいます。
 ここで、ジョアンナは自分自身がNDEシミュレーション被験者に志願することを決意します。ジョアンナ自身がNDEを体験できるのであれば、これまで以上にどんなことを体験したのかを正確に記録できると考えてのことです。
 ジョアンナが最初に体験したのは、暗く狭い通路と、それに続く扉でした。幾度か実験を繰り返すうち、それが今まさに沈みゆく豪華客船タイタニックの上であることが判明します。
 現実としか思えないリアリティがありながらも、現実のはずはないと理解するジョアンナは、何故自分が毎回タイタニックのNDEを見るのか追い求めます。そこに必ず意味があるはずだと確信しながら。
 そして、ジョアンナの探求は思いもよらない展開を迎えるのです。

 本書の注目ガジェットは、人工的なNDEシミュレーションです。
 リチャードが偶然から確立するに至った処置で、薬品投与、視聴覚の遮断、RIPT(架空の脳スキャナ装置)によるモニターを併用して、心停止などの身体的危機なしに臨死体験を疑似的に再現するものです。ただし、このシミュレーションは作中のみに存在する架空技術で、理論的な裏付けなどはない模様です。
 物語中の扱いは、基本的に本物のNDEと同じ体験ができるものとされ、両者のの差異に関してはあまり言及されません。もっとも、NDEを宗教的体験と位置付けるマンドレイクは、この疑似NDEから得るものはないと否定的です。
 ただ、最終的に出された「NDEとは本質的に何なのか」という結論から逆に類推すると、この措置で体験するものは実際のNDEとは異なるか、あるいは疑似NDE自体が人体に危険な実験である、のどちらかにならざるを得ないような気がします(^^;)

 本作は三部構成になっており、特に第二部の末尾で起きる事件によって事態は急展開を迎えます。
 第一部は病院内外での出来事が丁寧に描かれており、各キャラクタの性格付けがしっかりとなされているのが好印象です。冗長に感じられることもあるかもしれませんが、このパートがあってこそ後半のストーリーが活きてくると言えるのではないでしょうか。伏線も相当数散りばめられているのが見事ですね。
 第二部はジョアンナが自分の体験から本質を見極める部分で、推理色の強いものとなっています。かつ、後半に起きる出来事はなかなかにショッキングです。
 第三部は新たなミステリー題材と、並行して描かれるNDE世界が特徴です。エモーショナルな展開もあり、ここで感動する人は少なくないようです。
 加えて各エピソード冒頭に、現実の人間による今際の言葉が多数記載されているのも興味深いですね。コニー・ウィリス氏が「死」というものに対して真摯に向き合っていることを伺わせます。

 ただ、個人的には少々気になる部分もありました。
 序盤では、ジョアンナはNDEの聞き取りに際して先入観や作話が入り込むことを極力避けようとしており、リチャードが被験者の話を誘導しかけたときに幾度も警告します。ところが、自分が被験者になって以降、この原則が次第に守られなくなっていきます(地の文でジョアンナ自身がこの傾向を自己批判しています)。自分が被験者になってしまったことで客観性が失われてしまったのかもしれません。
 また、ジョアンナは認知心理学、リチャードは神経学的観点からNDEを捉えており、当初リチャードはジョアンナの見解を鵜呑みにはしていません(なんでも側頭葉のせいにされてジョアンナが苛立つ場面があります(笑))。しかしながら、この不一致も事件以降は見られなくなります。かつ、リチャードが事件直後に取った行動は、科学者として決して褒められたものではありませんね。
 けれども、二人のそうした行動は、最終的にジョアンナが正しいと証明されることで肯定されてしまいます。「終わり良ければ全て良し」なのでしょうか(^^;)
 本作の根幹部分は骨太で、あくまで科学的視点から臨死体験を理解しようとする試みにリアリティがあります。しかし、「NDEとは何か」という命題への結論は架空のものであり、本作がSFに分類される所以でしょう。特に第三部以降はフィクション性が強くなっており、そこが物語をスポイルしているようにも感じられます。

 もっとも、これらは私が細かい部分を気にしすぎなのかもしれません(^^;)
 『航路』という作品は、エンターテイメントとしては一級であり、同時に科学的視点から死という題材を扱った小説としても見事です。登場人物はかなり多いのですけど、各々が個性的であるためメリハリが効いていて飽きさせません。(個人的お気に入りはエド・ウォジャコフスキー(笑))
 死に臨んだとき、果たして人は体験するのでしょう。それを読者に考えされてくれる、医療SFの傑作です。

この記事へのコメント

  • むしぱん

    うろ覚えですが、同僚が危篤(死亡直後?)になった時に、自分を仮死状態にして助けに行くシーンが、「え? その方法で助けること、できるの? でももしかしたら確かにできるかも」とワクワクしました。
    臨死体験をした人がみな、同じようなイメージを観た記憶を持つ理由の解釈もなるほどと思いました。
    そして、ラスト。死にゆく人は脳が死ぬまでに永遠と思われる長い時間を過ごすことになる、と理解しましたが自分が死を迎える時を思うと、ちょっとそれはあまりうれしくないかも。(あっさり人生終ってほしい。笑)
    『航路』は臨死SFとして大変楽しめました。
    2017年07月02日 22:57
  • Manuke

    あのシーンは、「えっ?」と思いました。そんなキャラじゃないだろう、と(^^;)
    狼狽するティッシュ(看護師)の方に共感を覚えます(笑)

    後半の長いNDEは、恐ろしくもあり、感銘も受けました。
    徐々に死に至るというのは、本当にこんな体験なのかもしれないと考えさせられますね。
    ここが『航路』で一番重要な場面なのではないかと個人的には思っています。
    2017年07月05日 00:32
  • しろくま

    manuke様
    こんにちは、終わりよければすべてよし...な部分はありますが、ジョアンナが被験者になって客観的態度が崩れる所は「薬」の使用で壊れてしまっていたんだと理解しており、こうなったら2部の最後でああなってしまうのも必然ななのかなぁと納得感はありました。(といいながらも2部最後の展開はぶったまげましたが....)3部でのリチャードの行動も罪悪感あったのかと思いますので、ああいう救われるラストでないとなんとも救いのない話な気がします。(ジョアンナは救われているのか????ですが...)
    私は「泣き」という面では「ドゥームズ・デイブック」の方が泣きましたがいろいろ考えさせる作品ですね。
    2017年07月15日 07:50
  • 誤訳はないでしょ!
    2017年07月16日 21:33
  • Manuke

    To しろくまさん
    > ジョアンナが被験者になって客観的態度が崩れる所は「薬」の使用で壊れてしまっていたんだと理解しており、こうなったら2部の最後でああなってしまうのも必然ななのかなぁと納得感はありました。

    なるほど、その影響は思いつきませんでした。
    リチャードはことさら安全性を強調していましたけど、リチャード自身が被験者になったときの状況を見ると、そうとも言い切れない気がします。

    > 3部でのリチャードの行動も罪悪感あったのかと思いますので、ああいう救われるラストでないとなんとも救いのない話な気がします。

    実は途中まで、第三部の現実サイドも幻想なのではないかと疑っていましたが、物語的にもそれはないですね(^^;)
    個人的には、ミスター・ウォジャコフスキーの法螺話に関連した隠し球があるのではないかと期待していたのですが……。


    To 2017年07月16日 21:33さん
    > 誤訳はないでしょ!

    えーと、誤訳というのは、レビューの神経内科医の部分でしょうか?
    原文だと"neurologist"のようなので、神経内科医と神経学者のどちらとも取れるようです。
    ただ、第2章で「研究プロジェクトのためにここ(※マーシー・ジェネラル)へ来たんだ」と本人が述べていますし、仕事内容も医師と言うより科学者らしいものなので、神経学者の方が適切なのかな、と。
    (英語のレビューでは、リチャードを"scientist"としているものもありますし)
    的外れだったら申し訳ないです。
    2017年07月19日 01:34
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451143721

この記事へのトラックバック