ファースト・レンズマン

[題名]:ファースト・レンズマン
[作者]:E・E・スミス


※このレビューには前巻までのネタバレがあります。ご注意ください。

 本書はドク・スミスのスペースオペラ〈レンズマン・シリーズ〉の五作目に当たる作品です。
 このお話は、『銀河パトロール隊』から『レンズの子ら』に至るレンズマン世界のメインストーリーよりも前の時代、銀河パトロール隊創設時のエピソードに当たります。主人公もキムボール・キニスンではなく、その伴侶クラリッサ・マクドゥガルの祖先であるバージル・サムスです。彼こそがタイトルにある通り、史上初のレンズマンとなるわけですね。
 作中の時代が早いこともあって、物語自体にそれほど派手なシーンは多くありません。しかし、つまらないかと言えばさにあらず。キムボール・キニスン達の華々しい活躍とは一味違う、燻し銀的な面白さが詰め込まれています。
 超恒星規模の犯罪に対処する方法を探っていたバージル・サムスは、謎の惑星アリシアでレンズを手に入れます。史上初のレンズマンとなった彼は、宇宙の安寧を保つための組織・銀河パトロール隊を結成すべく行動を始めるのです。

 超光速で宇宙を飛ぶことができる無慣性航法が発明され、人類がいよいよ太陽系外へ通商圏を拡大しようとし始めた、まさにその時代――。
 しかし、同時にそのテクノロジーは犯罪者を利するものでもありました。悪人が恐ろしい犯罪を犯しても、超光速で宇宙の彼方へ逃げてしまえば捕らえることは難しくなります。また、コミュニケーションが困難な異星人との関わりにおいて、警察官が自らの立場を証明することすら困難です。
 世界は、恒星間にまたがる警察組織を必要としていました。そしてそれには、絶対に複製不能で、正規の着用者以外の何人たりとも身につけることができない認識票が必要です。更には、どんな知的生物ともコミュニケーションできるよう、テレパシー機能が備わっていることも要求されます。(ちょっと高望みし過ぎですね(^^;))
 太陽系評議会議長にして三惑星連合軍を統べるバージル・サムス、そして公安委員長のロデリック・K・キニスンの二人は、この難題に頭を悩ませていました。彼等が天才的科学者ネルス・バーゲンホルム博士に相談すると、バーゲンホルムは惑星アリシアに赴くよう助言します。
 今まで誰も寄せ付けようとしなかった謎の惑星アリシアへ向かったサムスは、そこでアリシア人のメンターから超精神科学の産物・レンズを授かります。それはサムス達が望んでいた以上のものでした。かくして、ここにファースト・レンズマンが誕生するのです。
 レンズの着用者は極めて清廉潔白かつ強い意志を持った人物に限られ、その要求を満たす者はごく少数です。サムス達は複数の異星を訪問してレンズマンに値する人物を集め、超恒星規模の組織・銀河パトロール隊を結成するために動き始めます。
 しかし、それを快く思わない勢力が存在しました。その勢力はバージル・サムスの抹殺、そして銀河パトロール隊結成への妨害に暗躍するのです。
 勢力の名は――ボスコーン。レンズマン達はまだ、その真の姿を知りません。

 本書の注目ガジェットは、銀河パトロール隊です。
 キムボール・キニスンが主人公を務めるメインストーリーでは、既に銀河パトロール隊は確固とした地位を得ており、その超エリートであるレンズマンもまた正義の遂行者と誰もが認める存在になっています。しかし、本書の時代ではレンズマンそのものが未だ世間から信用を得ていない状態なのです。
 バージル・サムスは太陽系評議会議長として人々の尊敬を勝ち得ていますが、得体の知れない惑星アリシアからもたらされた謎の物体レンズと、その着用者レンズマンを信用していいのかを人々は決めかねています。何しろレンズマンの権力は強大なものになるわけですから、慎重になるのも当然ですね。
 この信を問うために、銀河パトロール隊とボスコーンはアメリカ大統領選という形で争うことになります。レンズマン側は主に公明正大さを主張する一方、ボスコーン側はレンズが出所不明であることを突く作戦に出たりと、双方とも巧みな戦略を見せてくれます。
 面白いのは、両者の主張を中立的な立場で見ると、必ずしもレンズマン側の言い分が優れているとは限らない点です。レンズマンは常に清廉潔白で正直である旨を謳っており、作中世界では事実そうなのですけど、その背後には超種族アリシア人の思惑が隠れています。レンズマンが真に信用できるか否かというポイントは、結局のところレンズを製造するアリシア人が信用できるか否かに依存しているわけですから(^^;)

 『ファースト・レンズマン』は〈レンズマン・シリーズ〉でありながらも、突出した能力を持つスーパーヒーローが登場しない点で、それまでの作品とは一風異なっています。
 主役級人物のバージル・サムスとロッド・キニスンはどちらも成人した子供を持つ中年男性ですし、組織の頂点に位置する存在であって実行部隊ではありません。(とは言うものの、サムスは単身で敵組織に潜入したりと少々自覚に欠けるように思いますが(笑))
 宇宙艦隊戦はあるものの度肝を抜く超兵器は登場しませんし、スペースオペラとして見た場合には前巻までより少々地味であることは否めないでしょう。
 しかし、本書は最終エピソード『レンズの子ら』よりも後に書かれたプレストーリーであるために、壮大な〈レンズマン・シリーズ〉の設定を余すところなく使えるわけです。リゲル人やパレイン人社会との接触等、本編ではあまり言及のなかった部分が登場し、ファンを楽しませてくれます。
 元々〈レンズマン・シリーズ〉は個人だけでなく集団にも重きが置かれていますが、本書はその傾向がより強く現れています。こうした点こそ、〈レンズマン・シリーズ〉が単なるスペースオペラに留まらない作品として愛される理由の一つなのでしょうね。

この記事へのコメント

  • Kimball

    わーい!!
    レンズマン・シリーズだああ!!\(^o^)/

    ------
    オヤジの年代としては、
    往年の真鍋博画伯のイラストがなくなったのが
    残念ですわ。\(^o^)/

    あいや、子供のころは、「なんだい、
    このへんなイラストは!」とわかっていなかった
    のですが、成人してからはどんな劇画よりも
    「レンズマン・シリーズ」世界を表現できて
    いると感じるようになりました!\(^o^)/
    2007年07月28日 07:59
  • Manuke

    真鍋氏の画風は独特ですしね。私も子供の頃はKimballさんと同じように思ってました(^^;)
    『ファースト・レンズマン』自体も地味な印象でしたけど、後で読み返すとこれはこれで面白いな、と。
    リゲル人運転手とのくだりが好きです。
    2007年07月29日 00:00
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44245598

この記事へのトラックバック