聖なる惑星シュライン

[題名]:聖なる惑星シュライン
[作者]:E・C・タブ


 〈デュマレスト・サーガ〉第六巻です。
 今回のお話では、デュマレスト君が臨時の宇宙船乗組員として仕事をこなしつつ、星から星への旅を続けていくことになります。地球の情報を求めて惑星に降り立っては、貧乏なので次の旅費を稼ぐために四苦八苦する、というお約束展開とは少し趣が異なります(笑)
 ある経緯から、小型商船の乗組員に就くこととなったデュマレスト。彼は船が立ち寄った惑星で、罪に問われていた女性ラリアを助けるのですが……。

 惑星アーンの居酒屋で、デュマレストはたまたま一人の男が殺されたところに居合わせました。
 とある事情からアーンを去る必要のあったデュマレストは、男が宇宙船の処理係(主として低速代謝剤や冷凍睡眠装置を扱う宇宙船乗員)であったことを警官から聞き出すと、すぐさま男の乗っていたモーレイ号へ赴きます。彼は船長のシェイアンに、殺された処理係の代わりに自分を雇うよう持ちかけ、職を手に入れることになりました。
 モーレイ号は〈クモの巣星雲(ウェッブ)〉を拠点とする商船で、船長にも拘らず宇宙恐怖症のシェイアン、宗教がかった操縦士ニミノ、アル中の機関士クロード、スチュワードの少年リン、そして乗客の宝石商ヤールンが乗っていました。
 船が〈ウェッブ〉の星々を転々としていく中、たまたま立ち寄った迷信の強い惑星アルゴニラで、彼らは一人の娘ラリアが裁判で死刑にされかかっているところに出くわします。デュマレストは決闘によりラリアの命を救い、彼女をモーレイ号へ乗船させアルゴニラを去りました。
 ラリアは自覚こそないものの、物に触れることで過去を読むことができる超能力者でした。彼女は自らを救ってくれたデュマレストを愛するようになり、ラリアに乞われて二人は船内結婚(乗船中限定の乗組員の結婚)します。
 更に〈ウェッブ〉の星々を移動しながら、しかしデュマレストはサイバーの影を恐れていました。理由が分からないながらも、自分がサイクランに狙われていることにデュマレストは気づいていたからです。
 その真相は、彼らが図らずも訪れることになった神秘の惑星シュラインで明らかになります。

 本書の注目ガジェットは、中等旅行(ミドル)です。
 宇宙旅行における三つの等級のうちの一つで、下等は冷凍睡眠で凍ったまま、特等は低速代謝剤で体感時間を短く(自分の活動速度を遅く)するのに対し、中等は特に何も措置しないという旅行方法です(^^;)
 〈デュマレスト・サーガ〉の世界には、一応エアハフト航法と呼ばれる超光速航法が存在するものの、それでも恒星間の旅行には数週間から数ヶ月ほどかかるようです。その分食糧やら何やらが必要になりますし、暇を持て余すことも考えられます。そこで、下等や特等のように主観時間を短縮する方法が取られるわけですね。
 けれども、実際に宇宙船を動かす乗組員達は時間短縮するわけにはいかない場合が多いため、長い船旅をそのまま過ごします。つまり、中等とは実質、旅客ではなく船員として星間移動することを指すようです。(もっとも、本書中では船員達が気軽に低速代謝剤を使用する場面が登場します)

 本作に登場する人物達は、基本的に全員が地球人の子孫ですが、その事実は忘れ去られています。多くの人々は、銀河のあちこちで人類が収斂進化したものと信じており、全ての人類のルーツと言われる地球のことはおとぎ話と認識しています。
 しかしながら、地球由来ではない知的生命も少数ながら登場し、本書では惑星シュラインにて存在が示唆されます。
 知的好奇心という意味ではサイクランの興味を惹きそうな気もするのですが、あまりそうした兆候は見られないようです。「宇宙の全ての謎を解き明かす」という壮大な目的の割には、どうもその言動が俗っぽいのはいただけませんね(笑)

 第四巻『共生惑星ソリス』にてカリーンから与えられた「あるもの」ですが、ようやく本巻にてデュマレストはその事実を知ることになります。素早さと高い生存本能以外は一介の渡り者に過ぎなかったデュマレストは、ここで一つの強力な武器を手に入れることになるものの、それはサイクランに付け狙われることと表裏一体なのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400446096

この記事へのトラックバック