ほとんど無害

[題名]:ほとんど無害
[作者]:ダグラス・アダムス


※このレビューには前巻までのネタバレがあります。ご注意ください。

 本書は町内一面白いお馬鹿SF小説、〈銀河ヒッチハイク・ガイド・シリーズ〉の第五弾にして最終巻です。
 相変わらずの不条理かつ傑作な展開ですが、本書では前巻までとは若干雰囲気が異なり、シリアスな部分が(ちょっとだけ)あります。しかしながら、それも含めてのブラックなユーモアは健在で、大いに読者を笑わせてくれること請け合いです。
 数々の出来事を経てサンドイッチ職人となった我等がアーサー君を、トリリアンが意外な人物を連れて訪れます。そして時を同じくする頃、フォードは“銀河ヒッチハイク・ガイド”出版社で何やら怪しげなものを目にするのです。

 前巻にて、「神が被造物に残した最後のメッセージ」を見るためにフェンチャーチと共に宇宙へ出かけたアーサー・デント。しかし彼は今、恋人を失い途方に暮れていました。宇宙船が超空間ジャンプを実行した後、フェンチャーチは煙のように消えてしまったのです。
 愛する人を失い、故郷の地球に帰る術もなくしたアーサーは、銀河を当てのないまま放浪していました。そして宇宙船の事故で漂着した未開の惑星で、彼はサンドイッチ職人となることを選ぶのです。
 久しぶりに心の平穏を得たアーサーでしたが、その彼に再び災難が舞い降ります。トリリアンが宇宙船でやってきて、一人の女の子をアーサーに預けようとしたのです。その子はアーサーとトリリアンの娘なのだと。全く身に覚えのないアーサーは、きかん気の強い少女ランダムに手を焼きます。
 その頃、フォード・プリーフェクトは異常事態に直面していました。“銀河ヒッチハイク・ガイド”本社が別の会社に買収され、その編集方針が変えられようとしていたのです。捕まりそうになったフォードは持ち前の機転――と言うか、いつもの支離滅裂な行動(笑)――によってそれを逃れ、本社ビルの研究開発室へと逃げ込みます。しかし、彼はそこで異様な黒い円盤状の物体を目撃します。
 フォードが見つめる中、その物体の表面に浮かび上がった文字は――“パニクれ”。
 宇宙船の事故により自分達の目的はおろか名前も役割も忘れてしまったグレビュロン人や、別の地球で別の生活を営んでいるトリシア・マクミランを含め、事態はてんやわんやのまま結末へと収束していくのです。

 シリーズ締めくくりとなる本書の注目ガジェットは、タオルです。そう、どのご家庭にもある、洗いざらして柄が色落ちしてたりするそれですね。
 宇宙有数の実用書“銀河ヒッチハイク・ガイド”では、「星間ヒッチハイカーにとってタオルとは、持ち歩いてこれほどとてつもなく役立つものはほかにないというほどお役立ち」とされています。そしてシリーズをお読みになった皆さんは、このお役立ちアイテムが様々な局面でアーサー達の役に立ちまくったことを記憶していらっしゃることでしょう。
 本書でもまた、タオルは八面六臂の大活躍を見せてくれます。もしかしたら〈銀河ヒッチハイク・ガイド・シリーズ〉の真の主役はアーサーでもフォードでもなく、タオルなのかもしれませんね。と、適当なことを書いていたら本当にそんな気がしてきましたので、きっと真実なのだと思われます。
 皆さんも銀河をヒッチハイクしたくなったら、タオルを忘れずに持っていきましょう。必ず重宝するはずです。多分。

 本書『ほとんど無害』は前巻までとはお話のトーンが若干異なるために、ファンからは賛否両論の声が上がっているようです。
 しかしながら、面白さという点に関しては文句の付けようがありません。無数に散りばめられたユーモア、収束する伏線(と言うと他の小説に怒られそうですが(^^;))、そしてあまりといえばあまりの結末。
 前巻の能天気さと比較すると、登場人物のシリアスな状況すら笑いに転化してしまう部分は、いささかビターな味わいではあります。けれどもシリーズの始まりと終わりを見てみると、実にバランスが良い対比となっている点は見逃せません。
 二十世紀に生み出された最高の文学のようにも、それほどでもなさそうなようにも感じられる〈銀河ヒッチハイク・ガイド・シリーズ〉。その最終巻を思う存分お楽しみください。

この記事へのコメント

  • Kimball

    あはは。
    小生なら、「タオル」ともうひとつ、
    (でも、身に着けるにはかさばるから
    だめですかね?)
    「新聞紙(米国だと日曜版?)」を
    持っていきたいです!!
    なは。なにかと重宝するアイテムだと
    思うのですが。
    火の元になるし、防寒着にもなるし...
    って、ならないか... \(^o^)/
    2006年10月28日 09:44
  • Manuke

    新聞紙は服の中に着る(?)と暖かいらしいですね。試したことはないですが(^^;)
    それならかさばらないし、一石二鳥ですよ!
    でもちょっと、ごわごわしそう(笑)
    2006年10月29日 02:10

この記事へのトラックバック