レビュー三百本到達

 『ファウンデーションと地球』をもって、『Manuke Station : SF Review』のレビュー数が三百本となりました。
 今回はアシモフファンとして、妄想が脳から若干だだ漏れしてます(笑)
(実はこれでも抑え気味だったりします。これ以上は二次創作になってしまうので……)
 いつものレビュー形式からは逸脱していますけど、平にご容赦を。

 さて、これまで順調に週一ペースで続いてきたSFレビューですが、ちょっと最近苦しくなってきてます。世間から周回遅れでRPGの『Elder Scrolls IV : オブリビオン』に大ハマリしているせいで(^^;)
 ゲームのせいでレビューに支障が出てはいけないなぁと思いつつ、ついついコントローラーに手が伸びてしまう始末です。「ゲームは一日一時間」という某氏の教えを守らねば……。
 まだまだ紹介したい作品はたくさんありますので、できるだけペースを維持しつつ頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

この記事へのコメント

  • Kimball

    おお!
    ついに300本ですかあ!!
    毎週コンスタントにこれだけの質の
    レビューを続けられるManukeさんの
    才能と情熱には、心底脱帽です!!

    これからも楽しみにしています!!

    Manukeさんのこのレビューがなかったら、
    小生は一生読めなかったであろう名作と数多く
    出会えて幸せです!!
    2010年10月30日 14:42
  • Manuke

    ありがとうございます!
    SFが大好きというだけの文才からっきしではありますが(^^;)、少しでも皆さんにその面白さを伝えられたらな、と。
    どこまで続けられるかは分かりませんけど、できるだけレビューを増やしていきたいと思います。
    2010年10月31日 00:52
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167637697

この記事へのトラックバック