ザップ・ガン

[題名]:ザップ・ガン
[作者]:フィリップ・K・ディック


 世界を二分する東西陣営の中で、競うように超兵器を発明する二人の兵器ファッション・デザイナー。しかし、凶悪エイリアンの襲来に臨み、ライバルであった二人は協力して、敵を滅ぼす究極兵器“ザップ・ガン”の開発に乗り出すのであった――。
 ……とあらすじを書くと、まるでコミックかスペースオペラのような印象ですけれども、鬼才P・K・ディック氏のことですから一筋縄でいくはずがありません(^^;)
 本書『ザップ・ガン』は、コミックブック風のSFに対する痛烈な皮肉が込められた異色SFです。正直に言ってしまうとストーリーはかなり破綻気味ですが、だからこそ余計に先の読めない展開が、登場人物と読者を思う存分翻弄してくれます。

 二〇〇四年、世界は西側陣営(ウェス・ブロック)と人民東側(ピープ・イースト)に別れ、冷戦状態を続けていました。
 互いの抑止力となっているのは、兵器ファッション・デザイナーと呼ばれる超常能力者が生み出す超兵器の存在です。兵器ファッション・デザイナーがトランス状態に入り、超次元空間からインスピレーションを得ることで、次々と新型兵器が開発されてきました。彼等のおかげで、人々は敵陣営からの攻撃に怯える必要はありません――それが表向きの説明です。
 しかし、全ては一般大衆向けのまやかしでした。兵器ファッション・デザイナーは確かに、なにがしかのアイディアをトランス中に得るものの、決して敵を滅ぼすような威力を持つものではなかったのです。両陣営は裏で協定を結んでおり、兵器開発ごっこで対立を装っていただけでした。
 西側陣営における最高にして唯一の兵器ファッション・デザイナー、ラーズ・パウダードライは、自分の仕事が欺瞞であることに苦悩しつつ、その地位と富を享受しています。そして、まだ見ぬたった一人のライバル、人民東側のデザイナーである女性リロ・トプチェフに恋い焦がれていました。
 そうした状況下、驚くべき事件が発生します。東西どちらの陣営もあずかり知らぬ衛星が、突如として軌道上に現れたのです。エイリアンのものと目される衛星は、ミサイル攻撃を退け、地上に向かって攻撃を始めました。
 西側国家連合国防局委員会会議に参加したラーズは、自らの生み出す兵器がエイリアンに通用しないことを認めました。委員会は彼に対し、東側の兵器霊媒リロ・トプチェフと共同作業し本物の兵器を持ち帰るよう命じます。
 それこそはラーズの望んでいたことでした。失敗が死に繋がることを承知しつつ、彼はリロの待つアイスランドへと向かうのですが……。

 本書の注目ガジェットは、兵器ファッション・デザイナー("weapons fashion designer")です。
 実用重視で美観はほとんど意味のない兵器と、美を追い求めるファッション・デザイナーという職業を結びつけた、矛盾をはらんだインパクトのある名称ですね。ただ、仕事の内容は服飾とも流行ともあまり縁はなく、「ファッション」の入る理由は今一つ不明です。(裏及び真の意味では見た目も重要ですが、いずれもラーズが意図しているものではありませんし)
 兵器ファッション・デザイナーは不定期にトランスへ入り、意識不明の状態で新型兵器の元となるアイディアを自動筆記のようにスケッチするようです。人知の及ばぬ超次元空間からインスピレーションを得ているのだ、と説明されていますが、実際のところラーズ本人もアイディアのルーツが何なのかを知りません。
 デザイナーがトランス状態から得たスケッチを元に、技術者達が改鋳(プラウシェア:"plowshare"、応用・転用を意味する作中用語)を行い、新型の兵器が作られることになります。(このラフデザインと実用化の関係が、現実のファッション・デザイナーに近い?)
 但し、生み出された兵器はまがい物であり、実際に戦争で使われることはありません。その効果をデモンストレーションする映像はスタジオで合成されたフィクションで、大衆を欺く為のまやかしです。もっとも、何の価値もないガラクタという訳でもないようで、ちゃんと兵器として機能するものや、民生品に転用されるものもあるようですが。
 この兵器ファッション・デザイナーとインスピレーションの正体は、物語後半で明かされることになります。ある意味非常に衝撃的で、本書の白眉はここにあると言って構わないでしょう。

 兵器ファッション・デザイナーの真の姿以外にもストーリーにはいくつか山場があるにはあるのですけれども、個人的には今一つ切れ味に欠けるように感じます(特にアンドロイド関係の部分がもったいないですね)。題名にある対エイリアン兵器“ザップ・ガン”に当たるものも登場はしますが、異星人に通用するとは思えませんし(^^;)
 全体的にストーリーの完成度が高いとは言い難いものの、主人公ラーズに次いで登場場面の多い兵器マニアの青年サーリイ・G・フェブスの扱い等、人の悪いユーモア感はかなりのものです。しかしながら、そうした「右往左往するキャラクタ達を上から覗き見てニヤニヤする」ような楽しみ方こそが、ディック氏に揶揄されているような気はしますが(^^;)

この記事へのコメント

  • X^2

    この作品は現実の冷戦終結以前のものですよね?東西両陣営の「トップ」が会う場所がアイスランドというのは、まるでレーガン・ゴルバチョフのレイキャビク会談を予言しているかのようで興味深いです。まあレイキャビクが会談場所に選ばれたのは、双方の首都から等距離、という理由だったと聞いているので、自然な選択なのかもしれません。
    2010年01月30日 01:24
  • Manuke

    元になった中編版が一九六五年、長編版が一九六七年とのことですから、二十年近く前のお話ですね。
    割と人間の考えることは単純なのかもw
    2010年01月31日 00:53

この記事へのトラックバック