アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

[題名]:アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
[作者]:フィリップ・K・ディック


 この『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』は、陰鬱な未来世界を背景に人間という存在を問いかけるSF小説です。
 名作SF映画『ブレードランナー』の原作として、P・K・ディック氏の著作中でも高い知名度を持つお話ですね。個性的な題名も非常に印象的です。
 舞台となるのは、核戦争後の荒廃した地球。そのどこかしら病的な世界へ、火星から脱走してきた八体のアンドロイドが人間に成り済まして姿を隠そうとします。バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)のリック・デッカードは彼等を始末するために行動し、その過程で自己の存在を否応なく目の前に突き付けられるのです。

 地球はかつて行われた最終世界大戦の影響で、死の灰が降り注ぐ荒涼とした土地と成り果てていました。人間以外の動物の大多数が絶滅し、残ったものは人の愛玩動物として飼われているものぐらいです。
 政府は別の惑星に移住することを奨励していますが、仕事上の制約がある者や、土地に愛着を持つ者、そして移住に不適格と判断された者が地球を去らずに生活していました。
 主人公リック・デッカードもそうした人々の一人です。彼は政府公認のバウンティ・ハンターであり、地球へ逃げてきたアンドロイドを狩ることを生業としています。
 リックには一つの憂鬱がありました。彼がかつて飼っていた羊が破傷風で死に、それが隣人にばれないよう電気仕掛けの模造羊を代わりに飼うフリをしていたのです。この時代、生き物を飼育することはステータスであり、かつ動物を飼わない人間は非道徳的だと見なされるからです。リックと彼の妻イーランは、このことを後ろめたく感じていました。
 そうした中、最新型のネクサス6型アンドロイドが八体脱走するという事件が起こります。アンドロイドは他の惑星で奴隷として使役されており、自由を手にするために地球へ逃れてきたのです。
 リックの上役である主任バウンティ・ハンターはその内二人を始末した後重傷を負い、リックにチャンスが回ってきます。残りの六体を倒せば、その賞金で新しい動物を買い入れることができるはずです。
 しかし、あまりに人間と酷似したアンドロイド達と対峙していくことにより、リックは疑問に捕われることになるのでした。アンドロイド、そして人間とは何かという根源的な問いに。

 本作の注目ガジェットは、アンドロイドです。
 この物語に登場するネクサス6型アンドロイドは、外見上は人間と全く区別がつきません。知能も人間と同等以上、身体能力では人を上回ります。
 唯一かつ決定的な相違点は、他者に対する感情移入能力を持たないことです。自分以外の存在に共感し、相手を慈しむ能力ですね。これを確かめるために、アンドロイドを識別するにはフォークト=カンプフ検査法と呼ばれる心理テストが使われています。
 このテストの内容が非常に皮肉的です。例えば、「きみは誕生日の贈り物に、仔牛皮の紙入れをもらった」という言葉を聞き、即座に嫌悪感を抱かなければ感情移入度が低い(つまりアンドロイド)と見なされるわけです。私はテストに合格できそうにありません(^^;)
 アンドロイド達は知的で、かつ感情豊かでもありますが、感情移入能力を持たないために時として異常とも思える行動をとります。ただし、その異常さが非人間的であるとは言い切れないのが本書の恐ろしいところですね。

 この感情移入という概念が、作中では最も重要な要素として扱われています。
 動物愛護に関する歪みをはらんだ社会、マーサ教と共感ボックス、知的障碍を持つ登場人物J・R・イジドア、妻イーランとの会話、そしてもちろんアンドロイド。様々な場面で、感情移入という能力を通じ人間の在り方が問われていきます。
 科学考証には少々首を傾げる部分もありますが(^^;)、そうした点は本書に求めるものではないでしょう。何よりこれらの設定はストーリー展開に不可欠であり、物語を通じて語られる言葉が読者の心を揺さぶります。

 映画『ブレードランナー』にも軽く触れておきましょう。
 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作とする『ブレードランナー』は、舞台設定や登場人物が一部共通しているものの、別の作品と見るべきかもしれません。原作が人の存在と言う深い内容を扱っているのに対して、映画ではむしろレプリカント(アンドロイドのこと)自体に重きが置かれ、難解なメッセージ性は薄らいでいます。
 登場人物も、原作で重要な役割を果たす妻イーランが存在せず、リック・デッカードは腕利きのブレードランナー(アンドロイド専門の賞金稼ぎ)という違いがあります。リック役のハリソン・フォード氏は実に格好いいですしね。:-)
 とは言え、『ブレードランナー』は決して原作のダイジェスト版などではありません。特筆すべきなのはスクリーンに映し出される、猥雑さ・混沌としたアジア文化のイメージ・そして未来的なアイテムが渾然一体となった陰鬱な未来世界です。このビジュアルは圧倒的なリアリティをもたらし、作品の奥行きを感じさせてくれます。
 方向性を違えながら、小説も映画も名作であるという希有な例かもしれませんね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13731912

この記事へのトラックバック