銀河帝国の崩壊

[題名]:銀河帝国の崩壊
[作者]:アーサー・C・クラーク


 この『銀河帝国の崩壊』は、SF界の巨匠アーサー・C・クラーク氏の実質的な処女長編に当たる作品です。
 クラーク氏と言えばハードSFの重鎮であり、豊富な科学知識による緻密な設定が特徴の作家さんですが、さすがに初期作品である本書は少々毛色が異なります。
 とは言うものの、決してつまらない作品というわけではありません。このお話はジュブナイル(少年少女向け)SFとしての色が強く、ディテールは少々不足しているものの、その分ストレートな印象があります。ただし、クラーク氏ご自身にとっては満足のいかない部分があったようで、後に同じ舞台・同じ主人公を元に作品をリライトされています(詳細は後述)。
 衰えゆく地球文明の中にあって繁栄を続ける不滅の都ダイアスパー。けれどもそこで新たに生まれた少年アルビンは、平穏に身を任せることを良しとせず、未知なる都市の外へと足を踏み出すのです。

 数億年もの遥かな未来、人類はかつて持っていた輝きを失っていました。
 過去に人々を宇宙へ駆り立てた情熱は消え去り、人類は地球から外に出ることはもはやありません。かつて侵略者との戦いに破れ、地球人は宇宙へ進出しないことを条件に生存を許されたと言い伝えられていますが、詳細は不明です。
 そうした中、人々は永遠の都ダイアスパーで変わることのない日々を送っていました。
 ダイアスパーの市民は不死の肉体を持ち、病とも無縁であり、死に怯えることなく生活しています。しかし、その代償として人々は活力を失ってしまったのです。
 そうした中、変化に乏しいタイアスパーで七千年ぶりに子供が生まれます。
 少年の名前はアルビン。彼はダイアスパーに閉じこもって満足する他の市民達とは異なり、都市の外へ出ることを望みます。ダイアスパーの周囲には砂漠が広がり、その向こうには何も残されていないとされていましたが、アルビンはあきらめることができません。
 あるとき、アルビンは通風口を通って外に出られないかを試しました。通路は残念なことに外には通じていませんでしたが、代わりにアルビンはそこで碑文を見つけます。
 碑文に従い記録管理人(ダイアスパーの記録をコンピュータで管理する役職)ロアデンの助けを得て、アルビンはようやく外世界に通じる手段を発見したのでした。そして、それを利用してアルビンはダイアスパー外の世界であるリスの村へと辿り着きます。
 けれども、その場所もまたアルビンの渇望を満たすことはできなかったのです。

 本書の注目ガジェットは、不滅の都市ダイアスパーです。
 この作品世界における人類文明は頂点を迎えた後の下り坂にあり、ダイアスパー以外の場所には人類はいないと(ダイアスパー住人には)信じられています。
 ダイアスパーにおける全ての事柄は、親ロボットと呼称されるコンピュータに管理されています。可動部分の存在しない親ロボットは完璧な機械であり、ダイアスパーを円滑に運営しているのです。食料その他の雑事は全て機械が行い、人々は何もする必要がありません。
 この結果、ダイアスパー市民は芸術その他の退廃的な趣味に明け暮れ、外の世界に興味を示しません。ダイアスパーの中にいれば、怪我や病気にかかることもなく、永遠の生命を謳歌できるわけですから。
 もっとも、新しく生まれたアルビンにとっては苦痛でしかなかったようです。退屈そうですからね(^^;)

 この作品を読んでいて感じるのは、作品に登場する様々なガジェットへのディテール不足です。クラーク作品を読み慣れている方は特に痛感することでしょう。
 ダイアスパーを始めとして、七つの太陽・《大人》・《狂った精神》そしてバナモンドと、作品を特徴づける面白い設定がいくつも登場するのにも拘らず、それらの詳細な設定に踏み込むことがありません。実にもったいない話です(笑)
 これは作者ご自身が感じておられたのか、二十年後にクラーク氏は同じ舞台設定のSF小説『都市と星』を書かれています。実質上の改訂版ですね。
 この『都市と星』は、主人公からストーリー展開に至るまで、ほぼ『銀河帝国の崩壊』を踏襲していました。しかしながら、さすがに作家として油の乗った時期に書かれた物であることから、『都市と星』は素晴らしい名作SFに仕上がっています。間違いなく、クラーク氏の代表作の一つと言えるでしょう。
 ところが、です。『都市と星』は全ての面で『銀河帝国の崩壊』を超えたとは言い切れない部分があります。『銀河帝国の崩壊』の方が良い、と感じる読者が少なからずいたようです。このため、クラーク・ファンの中では両者の人気が二分されることとなりました。(ちなみに、私は『銀河帝国の崩壊』派(^^;))
 両者を比べた上での『銀河帝国の崩壊』の利点は、個人的な意見ですがジュブナイルとしての面白さ、ですね。こちらの作品は開いた世界観であり、そして何よりアルビンの物語なのです。大人向けの名作となった『都市と星』が失ってしまった良さは、その辺りにあると感じています。

 実は本書、面白いことにもう一つの派生物が存在します。SF作家グレゴリイ・ベンフォード氏との共著、『悠久の銀河帝国』です。
 共著と言いながらも、実態は第一部が『銀河帝国の崩壊』そのまま、第二部をベンフォード氏が書き足したという構成になっています。平たく言ってしまえば、ファンが書いたアフターストーリーですね(笑)
 このお話では、『銀河帝国の崩壊』と『都市と星』の両者で微妙ながら決定的に異なる設定(特にアルビン)を使い、より大きなスケールでの結末へと導きます。ですから、この作品は『都市と星』ではなく『銀河帝国の崩壊』の続編なのです。
 とは言え、『悠久の銀河帝国』を『銀河帝国の崩壊』の正当なる続編と認められるかと言うと、正直なところ私にとっては「不可」です(^^;) ベンフォード節が炸裂する第二部の内容はあまりに第一部との整合性に欠け(設定はほぼ同一ですが一部改変あり)、主人公アルビンのファンとしては素直に肯定できないのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12377466

この記事へのトラックバック