地球の長い午後

[題名]:地球の長い午後
[作者]:ブライアン・W・オールディス


 この『地球の長い午後』は、非常に異様な世界の物語です。
 本書にて語られるのは、多種多様の植物に支配された異世界。しかし、この舞台は我々の知る世界と切り離された場所などではありません。オールディス氏の筆致によって描き出されるのは、遠未来の地球の姿なのです。
 植物に満ちた惑星というファンタスティックなイメージと裏腹に、この作品で語られる地球環境は過酷で、おぞましい死に満ちています。そしてこの舞台において、人間は既に脇役でしかないのです。
 増加する太陽の輻射熱によって温室と化した地球は、長い長い黄昏の時を迎えていました。一人の反骨心に溢れた少年が行う旅の過程で、恐ろしくも美しい未来世界の姿が明らかになっていきます。

 物語は遥かな未来、地球が月との潮汐摩擦の結果、ついに自転を止めてしまった時代のことです。凶悪なまでに強まった太陽光のせいで動物のほとんどは死滅し、植物が繁栄を謳歌していました。けれども、そこは安穏とした穏やかな楽園では決してなく、死と暴力に満ちた危険な世界だったのです。
 永遠の昼の半球にある大陸は、覇者であるベンガルボダイジュに覆い尽くされています。その巨木の上で、顎と歯ばかりのヒカゲノワナ、細長く無数の足を持つヒルカズラ、太陽光線を集めて武器のとして使うヒツボ、といった凶悪な食肉植物が熾烈な生存競争を繰り広げています。そして森の上からは、差し渡し数キロメートルにも及ぶ巨大な蜘蛛型の植物ツナワタリが、糸を伝って宇宙まで進出していたのでした。
 人類は既に地上の覇者ではなく、細々と生き長らえる絶滅寸前の生物でしかありません。肌の色は緑と化し、身長は三十センチメートルほどに縮み、そして知性はかつてより減退しています。彼等は少人数のグループに分かれ、広大なベンガルボダイジュの森で樹上生活を送っているのです。
 そうした中、賢しく生意気な一人の少年グレンが、身勝手な振る舞いのせいで属していたグループから追放されます。グレンは彼を慕って同じくグループを出た少女ポイリーとともに、自分の居場所を求めて放浪を始めることになるのでした。

 本書における注目ガジェットは、激変した未来の地球です。
 我々の生きている時代の延長線上にありながら、ここで描かれる地球は悪夢の惑星です。半ば動物と化した植物達が繁茂し、動物はごく少数のものを残して滅んでしまっているようです。
 登場する数々の植物達は、どれも悪夢の産物のような恐ろしい生態を持っています。おぞましく異様な世界ですが、しかしそれは同時に非常な魅力でもあります。オールディス氏のイマジネーションを存分に堪能しましょう。

 作品中では、月がもはや地球の衛星ではなく、トロヤ小惑星群のように地球と相対的に静止した位置関係になっているものと設定されています。つまり、地球-太陽間におけるラグランジュ・ポイント(L4かL5)に位置するわけですね。地球も月も同じ面を互いに向け合っていますので、どちらから見ても相手は常に同じ位置に見えます。そして、巨大な植物蜘蛛ツナワタリは、自らの糸を伝って地球と月を行き来しているのです。
 ただ、この設定は個人的には少々やり過ぎではないかと感じます(^^;) ラグランジュ・ポイント(L4/L5)は公転軌道上で六十度ずれた位置に存在しますから、この場合における地球と月の距離は、地球の公転軌道が変化していなければ一天文単位(一億五千万キロメートル)となるはずですよね。これでは昼間の地表から視認することは困難ですし、まして欠けていることを見て取るのは無理でしょう。(「銀色の半円」という描写が作中にあります)
 イメージ優先の物語ですから、そうした点に突っ込むのは野暮なんですけど(笑)

 この時代の人間は前述の通り野生化し、知性も限られたものになっています。主人公のグレン君はその中でも比較的知性派ですが、そのために不要なトラブルを招いており、知的であることはむしろ欠点にしかならないようです。
 この構図は、中盤から登場するアミガサダケでも強調されます。アミガサダケは他の生物に取り付き、知性を与える代わりに栄養と繁殖の機会を提供させる寄生性のキノコです。旅の途中でグレン達と行動を共にすることになるのですが、はっきり言って迷惑な存在でしかありません(笑)
 そもそも人間以外の生き物は高度な知能を持たずとも問題なく生きているわけですから、この知性に対する冷淡なスタンスはなかなか考えさせられるものがありますね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11184101

この記事へのトラックバック