分解された男

[題名]:分解された男
[作者]:アルフレッド・ベスター


 本書はテレパシーの普及した未来社会における、犯罪者と刑事の対決を描いたアルフレッド・ベスター氏の処女長編です。
 形態としては、お話の冒頭で犯人が罪を犯す場面を描いてしまう、TVドラマ『刑事コロンボ』でお馴染みの倒叙形式の推理小説ですね。完全犯罪を目論む殺人犯と、その目的や手段を究明しようと奮起する刑事の駆け引きが、読心能力という犯人側に不利になるはずのキーワードを絡めて緻密に進んでいく点はとても興味深いです。
 その一方、本書はかなり無造作にSFガジェットが詰め込まれた、ワイドスクリーン・バロックの側面も持ちます。本筋に必ずしも必要のない設定がいくつも登場し、作品世界の独特な雰囲気を醸し出しています。この緻密さと荒削りさが入り交じった部分が本書の魅力と言えるのではないでしょうか。
 敵対する会社の社長を殺害した、モナーク物産社長ライク。しかし、〈超感覚第一級〉の刑事部長パウエルは、その犯罪を暴くべく捜査を開始します。

 巨大企業モナーク物産の本社社長ベン・ライクは悪夢に悩まされていました。その夢には《顔のない男》があちこちに登場し、彼を脅かしていたのです。
 ライクはその夢が、対立する企業ド・コートニー・カルテル社長のクレイ・ド・コートニーを暗示しているのだと考えました。そして、ド・コートニーに対し暗号文を使って提携を呼びかけますが、返ってきた応答を読み、もはやド・コートニーを殺す以外に自分が生き延びる術はないのだと思い詰めてしまいます。
 しかし、この時代には他者の心を覗き見ることができるエスパーが相当数に達しており、殺人計画などしようものならたちまち捕まって《分解》されてしまうのがオチです。これに対抗するため、ライクは〈超感覚第一級〉の精神分析医オーガスタス・テイトを餌で釣って仲間に引き入れ、更には心を読まれないよう対策を講じました。そして、ある館で行われたパーティーに乗じ、ド・コートニー殺害を成し遂げます。
 ところが、その殺害現場をクレイ・ド・コートニーの娘バーバラに目撃されたところから、ライクの計画は狂い始めます。
 長らく起きていなかった殺人事件を解決するため、ニューヨーク警察本部精神刑事部長で〈超感覚第一級〉の強力なエスパー、リンカン・パウエルは行動を始めます。証拠こそ掴めないものの、その精神状態からライクが殺人犯に違いないと当たりを付けたパウエルは、妨害工作を撹乱すべく囮の《下手くそ》チームとその裏で動く《腕っこき》チームの二つを編成しました。その一方、ライク率いるモナーク物産は合法・非合法を問わず証拠隠滅を図ります。そして、虚実入り乱れた両者の対決が始まるのです。
 果たして、パウエルは見事ライクの尻尾を掴むことができるのでしょうか。そして、失踪したバーバラ・ド・コートニーの行方はいかに。

 本書の注目ガジェットは、エスパーへの対抗策です。
 作中には何段階かに分かれた超感覚能力者が登場し、このうちパウエルを含む〈超感覚第一級〉は相手の意識下の思考すら読むことができます。他のエスパーならばこれを妨害できるようですが、基本的にライクのようなエスパーでない犯罪者には圧倒的に不利な状況です。
 これに対抗するため、ライクは歌を利用します。よく電気屋さんでかかっているような、頭の中にこびりついてしまうテーマソングのたぐいですね(^^;) この電波ソングが頭の中でぐるぐる鳴り響いている状態なら、エスパーが覗いても歌しか読み取れず、心の中を知られることはないというわけです。
 作中で登場するのは、《もっと引っぱる、いわくテンソル》("Tenser, said the Tensor")という歌で、架空のミュージカル向けに作られた歌です。歌詞は次の通り。

日本語版:
 八だよ、七だよ、六だよ、五
 四だよ、三だよ、二だよ、一
 《もっと引っぱる、》いわくテンソル
 《もっと引っぱる、》いわくテンソル
 緊張、懸念、不和が来た

原文:
 Eight, sir; seven, sir;
 Six, sir; five, sir;
 Four, sir; three, sir;
 Two, sir; one!
 Tenser, said the Tensor.
 Tenser, said the Tensor.
 Tension, apprehension,
 And dissension have begun.

 ライクはこの歌を始終頭の中に鳴り響かせ、読心を防ぐことになります(物語中でも歌詞が幾度も登場)。全体的なストーリーはシリアスなのにも拘らず、こうしたユーモアが随所に潜ませてあるのは実に心憎いです。:-)

 本書の主人公の片割れであるベン・ライクは殺人犯で、激情的かつ苛烈な性格をしていますが、同時にかなり魅力のある人物のようです。冷酷さとナイーブさを併せ持った、危険なタイプの男性ですね。
 一方、それに立ち向かうリンカン・パウエルもまた複雑な性格です。超一流のエスパーかつ有能な刑事でありながら、虚言癖を持っており、何かの弾みで嘘をつき始めると止まらなくなってしまうようです。この部分をパウエルは『嘘つき大統領』("Dishonest Abe":第十六代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーン氏のあだ名"Honest Abe"のパロディ)と名付けて恥じています。
 こうしたキャラクタ設定に加え、テレパシーの表現に使われるタイポグラフィや、少々乱雑に詰め込まれたガジェットと、ややトリッキーな傾向の作品です。しかし、それらが合わさって一種独特の世界を生み出している点や、結末の切れ味等は実に見事ですね。
 冒頭に挿入された永劫回帰的な切り出しも意味深な、異色SFの傑作です。

この記事へのコメント

  • nyam

    ♪もっと引っぱる~いわくテンソル~

     とてもなつかしい作品ですね。数学用語は忘れましたがテンソルだけ覚えてます。

     しかし、ベスターの作品はいろいろな「男」が登場しますね。「分解され」たり、「マホメットを殺し」たり、「虎」の刺青をいれられたり!
    2008年10月09日 21:06
  • Manuke

    この歌、何度も繰り返されるうちに愛着が湧いてきますね。
    探せば誰か曲を作っていそうな気がします(^^;)

    後半の瓦解していく世界の辺りが個人的お気に入りです。
    《分解》もなかなかに恐ろしい刑罰ですね。ある意味、極刑以上に残酷かも……。
    2008年10月10日 01:16
  • X^2

    なるほど、この作品だったんだ!!
    Babylon5における最も恐るべき人物である強力なテレパス、アルフレッド・ベスターが、この作家から名前を取っているという事は知っていましたが、彼は、というより彼の所属するPsi Corpsは、正にこの作品世界のテレパスそのものです。そういえば、テレパスの尋問に対抗するために、心の中で同じ文句を唱え続ける、という場面もありました。
    2008年11月23日 23:23
  • Manuke

    『Babylon5』は見たことがないのですが、そんな人物が登場するんですね。面白いです。
    《もっと引っぱる、いわくテンソル》も是非とも登場させて欲しかったところですが、視聴者が電波ソングに洗脳されてしまったら大変かも(^^;)
    2008年11月25日 00:29

この記事へのトラックバック