月は地獄だ!

[題名]:月は地獄だ! [作者]:ジョン・W・キャンベル  本書は、月探検で遭難した宇宙飛行士達が、過酷な環境の中で必死に生き延びようとするサバイバルSFです。  初出は一九五〇年で、さすがに現代の視点で見ると、現実に即していなかったり、荒唐無稽だったりする場面も見られるのですが、展開そのものは今でも十分に楽しめます。むしろ、月旅行が絵空事だった時代に書かれた作品とは思えないほど緻…

続きを読む

緑の星のオデッセイ

[題名]:緑の星のオデッセイ [作者]:フィリップ・ホセ・ファーマー  フィリップ・ホセ・ファーマー氏の初期作品です。デビュー作ではないものの、最初に出版された長編小説に当たるようです。  舞台は未来のとある惑星上で、未開惑星に不時着した主人公の冒険が描かれます。どちらかというとヒロイック・ファンタジー寄りの内容となっており、ストーリーは比較的シンプルです。  ただ、後年〈リバー…

続きを読む

航路

[題名]:航路 [作者]:コニー・ウィリス  希代のストーリーテラーであるコニー・ウィリス氏による、臨死体験を扱った意欲作です。  作品の特徴として、臨死体験というデリケートな内容を扱いながら、一貫して宗教やオカルトとは距離を置いている点が挙げられます。主人公サイドの人々は、あくまで臨死体験を脳内で起きる何らかの心理学的・神経学的な現象と捉え、それを追求しようとします。もっとも、そ…

続きを読む